浄化方法

「浄化」とは、天然石が持つエネルギーをクリーンな状態に戻すことをです。

天然石は身につけたり、置いておくだけでも、さまざまなエネルギーを吸収します。

吸収するエネルギーは決して良いものだけではありません。

マイナスエネルギーを吸収した天然石は疲労し、パワーが弱くなります。

 

そこで必要となるのが「浄化」です 。

 

天然石を浄化することにより石本来のパワーを取り戻し、持つ人をより良い状態へとサポートしてくれます。

 

置いておくだけでしたら月に1回程度、身につけるものでしたら外したあとなど、こまめに浄化されることをオススメします。 

しかし、天然石には水に弱いもの熱に弱いものなどありますので、その石にあった「浄化方法」でおこなってください。

 

 

 

クラスター

水晶やアメジストなどのクラスターの上にパワーストーンを置き
一晩のせておくことによって、エネルギーチャージと浄化ができます。

クラスターは石本来の形を維持しておりパワーが集中するポイントをたくさん持っているので様々な方向から光を取り入れて放射する性質があるため、強い浄化能力があります。
クラスター自体は自ら浄化するので浄化は必要ありませんが、浄化したいのであれば水や太陽による浄化などが効果的です

すべての石の浄化に適しています。

さざれ

水晶のさざれの上に一晩のせておくだけで浄化してくれます。
また強力な邪気除けのパワーがある水晶を玄関に置くことで悪い気が入りこむのを防いでくれます。邪気を防ぐだけでなく新しい良い気を呼び込んでくれるので器などに入れてインテリアとして置いておくのも効果的です。
さざれが汚れてきましたら水による浄化をすると良いでしょう。

すべての石の浄化に適しています。

お香

お好みの香りのお香の煙に石を数回くぐらせて浄化します。

たとえ石に直接煙が当たらなくても同じ空間に置いてあれば十分な浄化効果がありますので、自分自身や部屋全体の浄化にも適しています。
特にホワイトセージは浄化力が強く、白檀なども効果的です。

めのう系(めのう、カーネリアン、ブルーレースカルセドニー、天眼石など)は適しません。

自然塩の中に石を入れたり、岩塩の上に置き1日そのままにしておきます。

浄化がおわりましたら塩を流水できれいに洗い流し、やわらかい布で傷がつかないように拭きます。
かなり強力な浄化方法なので、特に疲れている時にオススメです。

使用後の塩は他の用途に使用しないで捨ててください。

アラゴナイト、アンバー、ピンクオパール、ソーダライト、ターコイズ(トルコ石)、フローライト、ヘマタイト、マラカイト、ムーンストーン、ラピスラズリなどは塩や水に弱いので適しません。

ミネラルウォーターや湧水(水道水でも可)で石についたマイナスエネルギーを洗い流すようなイメージで1時間ほど流水にさらしておいたり、容器に水を溜め静かに数時間漬けておきます。
浄化が終わりましたら、やわらかい布で傷がつかないように優しく拭き取ってください。

ピンクオパール、アンバー、ハウライト、フローライト、ターコイズ(トルコ石)、マラカイト
ラピスラズリ、レピドライトなどは適しません。

太陽

石を一度、流水でさっと洗い、太陽光に当てることにより、いらないエネルギーを捨て、太陽の力によってパワーチャージができます。
光に当てる時間としては早朝や午前中(特に日の出から午前10時位までの間)に30分~2時間ほど当てると特に効果が高いです。

アメジスト、アンバー、ピンクオパール、カーネリアン、ブルーレースカルセドニー、シトリン
スモーキークォーツ、ターコイズ(トルコ石)、フローライト、レピドライト、ローズクォーツ、
インカローズ(ロードクロサイト)などは適しません。

月光

美しい月が出ている夜に2時間~一晩ほど月光浴をさせます。

特に満月の夜は月のエネルギーが強まるのでパワーチャージもできます。

また冬は月天心(天の中心に月がある)とも呼ばれ、最も月の光が強くなるので特にオススメです。

すべての石に適しています。

音叉、ベル、民族楽器などの音をパワーストーンに共鳴させることによって石の浄化を促します。

水晶発振子に代表されるように、石は特定の波長で振動しているので、清浄な音を与えることで共鳴現象を起こし、石の振動を浄化することができます。

すべての石に適しています。

What’s new!!